社長メッセージ

私たちは、鉄の切断加工技術で、社会インフラ構築に貢献する日本製鉄(株)のグループ会社です。

私たち(株)富士鉄鋼センターは、日本製鉄(株)のグループ会社として、鉄鋼メーカーが作った大きな鋼材を自在に加工し、橋梁や高層ビルディング、産業機械・設備など社会インフラの構築に役立つお手伝いをしています。
当社は、1968年(昭和43年)に設立され、時を経て、現在、日本製鉄(株)君津製鐵所構内の厚板工場に隣接して事業を行っております。その立地の優位性、独自の技術を生かし、また、お客様との踏み込んだ対話により、ご要望を形にし信頼をいただいて参りました。
そうした社会への貢献を継続していくためには、たゆまず生産性の向上を目指し、お客様のご要望を正しく捉え、また、自社として満足のいく成果達成が必要です。それを成すためには、社員一人ひとりが自律し目標達成に向かう姿勢が重要と考えています。社員一人ひとりが楽しく働き生きがいを持ち、一人ひとりが主役であり一人ひとりを支える仲間がいる、このような会社を目指します。

代表取締役社長大住 昌弘

経営理念

  1. 1.信用・信頼を大切にする会社であり続ける。
  2. 2.社会に役立つ製品・サービスを提供し、お客様とともに発展する。
  3. 3.たゆまず技術の創造と革新に挑戦し、ものづくりの力を追究する。
  4. 4.変化を先取りし、自らの変革に努め、さらなる進歩を目指し挑戦する。
  5. 5.安全と健康を最優先とし、人を育て活かし活力あふれる会社を築く。

品質方針

  1. 1.お客様の要望に応え、常に最良の製品を提供する。
  2. 2.お客様と共に、互いの企業価値向上に努める。
  3. 3.品質マネジメントシステムの改善に努め、常に品質、技術の向上を図る。